blog

2018/10/20 00:00

『デリケートゾーンのお悩み かゆみ 生理痛』








ご訪問ありがとうございます。



この夏。
デリケートゾーンのお悩み多し女子!
急増しました。。。




ごきげんよう。
美容家 布ナプキンアドバイザー®︎認定講師
會澤寛子(あいざわひろこ)です。











まずは、デリケートゾーンのかゆみ。
我慢しないで病院へ行きましょう。
悪化させる前にね。




陰部のかゆみは、
細菌感染の可能性もありますが、
多くは、かぶれやムレ、乾燥によっておこります。
適度な粘液が分泌されていても、緊張が続いたり、疲れが溜まったりすると、おりもののPH(ペーハー)がアルカリ性に傾き、かぶれやかゆみの原因になることもあります。










生理痛…。

あれ、おかしいな?
先月は大丈夫だったのに今月は重くてって方。



生理痛は、目の使いすぎ、夜更かしや寝不足、冷えやストレスでも起こります。
気・血・水の流れがとどこおっている可能性もあります。




・冷たいもの
・刺激の強いもの
・食べ合わせが悪いもの(乳製品とフルーツ)
砂糖や、苦み、渋みの強いものを避け、
消化のよい温かい食べ物を食べましょう。




身体を冷やさないように。
温布®︎(おんぷ)は、一年中当てましょうね。








↓引用はこちらから



本日も最後までお読みくださりありがとうございます!